東京メトロ東西線、朝ラッシュの混雑ピークの時間帯はいつ!?

東京メトロ東西線の朝ラッシュにおいては、中野方面へ行く電車が超満員といわれるほどの混雑するが、その時間帯は具体的にいつ頃がピークとなるのか。




通勤通学で首都圏の各鉄道路線の上りは朝のラッシュとなるとかなり激しく混み合うのはどこにも共通する内容ではあるが、東西線の場合はその中でも特に深刻な問題となるほど混雑する。

乗車率はおよそ200%近くに達すると国土交通省が発表している。日本一混雑する地下鉄であるのは間違いない。

東京メトロ東西線のラッシュほど超満員になる電車は2、3路線しかない。中央総武緩行線、東急田園都市線、小田急線くらいではないだろうか。

時間帯ごとの混雑のレベル

時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 3 8:30-9:00 5
6:30-7:00 4 9:00-9:30 4
7:00-7:30 4 9:30-10:00 4
7:30-8:00 5 10:00-10:30 3
8:00-8:30 5+ 10:30-11:00 2

東西線が混雑する区間は西船橋~大手町の部分といえる。最混雑区間こそは木場→門前仲町だが、東側の千葉側は全体的に乗客がかなり多い。

早朝の6時台からすでに混雑が始まる。この時間帯であっても始発駅の西船橋駅の時点で座席は完全に満席になる。次の原木中山駅から乗れば確実に座れないだろう。

7時台に入るといよいよ朝ラッシュの時間帯に突入する。そして、7:30を過ぎると本格的にピークの超満員電車の時が来る。

9時台に入るとよいやく通勤ラッシュの激しさは緩やかになってくる。それでも、まだまだ混雑した車内は続き、10時台になってから空いてくるという感じだ。

なお、朝の種別は2つあり、各駅停車と通勤快速の2種別である。乗車率はどちらも違いはほとんどない。

西船橋駅を8:00前後に発車する列車が最混雑

西船橋駅の東西線N05系

最も混雑するのは西船橋駅を8:00前後に発車する中野方面の列車である。たとえ西船橋始発の電車であっても並ばないと座るのは完全に不可能である。発車直前に乗ると、もうその時点で立っている人がほとんどといえる状態になっている。

途中駅からは多数の乗客が乗ってくる。浦安駅当たりから都心側になると、スマホすら手にもって操作できないほどぎゅーづめになる。

ちょうど9時出勤の人が通勤手段として東西線を使い、大手町駅などの都心へ向かう人が殺到する時間帯だ。大手町駅で降りる人であれば、8:30頃に大手町に到着する。そして職場へ向かっていく。

千葉県側は沿線がベットタウンとなっている。住宅地が広がっていることから、都心部へ直結する東西線は絶好の交通手段となっている。しかも、東京メトロであれば都心部に広い路線網を持っているため、乗り継ぎにはかなり便利だ。

その上、運賃も安い。並行して走るJR総武線や都営新宿線、京成線と比べてもかなり運賃が割安に設定されている。

そのため、わざわざJRから西船橋駅で東西線へ乗り換えるという人も多い。

運賃が高いということで有名な東葉高速鉄道線からの乗客も都心へ向かう人はそのまま東西線を使う。



西半分は空いている

東西線

東京メトロ東西線といってもかなり混雑するのは千葉方面から来る列車のみである。JR中央線の三鷹駅方面や中野駅始発の東行きの電車はあまり乗車率は高くない。朝の時間帯でも人と人が接するほど満員になるケースはない。

千葉方面からの電車が混雑しているのは大手町駅より東側である。大半の乗客は茅場町・日本橋・大手町の3駅のいずれかで降りていく。そして、残っている人も九段下駅あたりで降りていく。

それより中野側は座席に座れるほど空いていることが多い。朝の時間帯であっても立っている人はかなり少ないのが印象的である。

中野から西船橋方面へ行く電車についても、上り電車としては空いている。東京西部からの乗客の多くはJR中央線快速に乗る傾向にある。中央線各駅停車を使うという人もあまりいない。

混雑が激しいのはオレンジ色の中央線快速が中心である。地域全体としても、これと京王線が混む。東京メトロ東西線はそれらと比べると空いている状態だ。

おすすめ記事