【日比谷線】朝ラッシュの混雑はどれくらい!? どこまで満員?

東京メトロ日比谷線の朝ラッシュの混雑はどれくらい激しいものとなっているのか。最混雑区間は三ノ輪~入谷の中目黒行であり、ピークの時間帯は午前8時台である。北千住駅から乗り換えて都心へ向かう人が多く利用する路線となっている。




日比谷線の場合、中目黒方面へ向かう電車は東武スカイツリーラインからの直通と北千住始発のものがある。

北千住駅にて列に並べば座れる可能性が高い。しかし、発車する頃にはすでに満員になっている。ドア付近はやや圧迫感を感じるくらいに混雑している。

乗車率は最大で150~160%という結果が出ている。東武スカイツリーラインからの直通列車の方が乗っている乗客の人数が多いが、北千住駅始発も大差ない。

どこまで混雑している?

日比谷線の混雑

出典:www.youtube.com/watch?v=H2GJ0CDzzFY

日比谷線を使って都心へ向かう人が降りる駅としては、上野・秋葉原・茅場町・銀座・霞ヶ関・六本木・恵比寿が主要駅となっている。

これらの駅に到着するとまとまった数が降りていき、座席が空いて座れるチャンスがやってくる。

満員で混雑が激しい状態が続くのは、朝のラッシュであっても銀座駅の前後までとなっている。それよりも中目黒寄りへ進むと徐々に空席が見られるようになる。

逆に北千住方面に向かう電車の場合、最も混雑しているのは恵比寿~広尾の区間である。こちらの場合は、六本木駅へ向かう人が多い傾向にある。六本木駅に到着するとまとまった数の乗客が降りていく。

そして、こちらもまた銀座駅を過ぎると座席に空席が現れ始める。終点までにはいくつも乗換駅があり、他路線から日比谷線へ乗り換えて来る人がいるとはいえ、都心の要所を過ぎて郊外へと向かう頃には需要が一気に少なくなる。



それでも混雑は緩やかな方!

日比谷線を実際に毎日乗っている人にとっては、朝のラッシュはかなり辛いものであろう。座れない可能性が圧倒的に高いため、仕事や学校が始まる前に早くも疲れ果ててしまう原因になっているかもしれない。

しかし、それでも日比谷線は他の地下鉄路線と比べると混雑が緩やかな方に部類される。東京ではさらに酷い路線として、東西線や半蔵門線、千代田線の混雑率がかなり有名である。

日比谷線03系

いずれも、朝ラッシュの時間帯のピークでは積み残しが発生してしまうほどになる。積み残しとは、一度にホーム上にいる人全員が電車に乗り切れず、次発を待たなければならない現象のことだが、これが起きるほど混雑する路線は実際に現存する。

混雑する要因の1つが、私鉄との相互直通運転である。これがありことで、直通先の郊外から乗客が乗っていてすでに満員となっていて、そのまま地下鉄へと入ってくる。車内の回転率が下がってしまう点は、混雑度を上げている要因の1つといえる。

日比谷線の場合は、東部鉄道と相互直通運転を実施しているものの、東武線内もすべて各駅停車となっている。半蔵門線とは違って、急行や準急のような優等列車が当てられていないため、遠距離からのユーザーがあまり乗っていない。

メインが北千住駅での乗り換え客となっていることから、日比谷線の混雑は少なからず抑えられている。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です