【区間別】山手線の乗車率は何%に!? 平日の朝ラッシュの混雑状況

JR山手線の平日朝ラッシュの時間帯の乗車率は最大で何%にまで達するのか。区別別で実際の混雑状況を調査してみた。

外回りと内回りでの違いはなく、エリアによってその違いが表れるようだ。他の路線とは違って、上り・下りの区別がない。

混雑する山手線

出典:www.youtube.com/watch?v=BN-Me4OoKcU

とはいえ、大規模なターミナル駅を出発する頃が一番混雑が激しさを増す時となる。

東京・上野・池袋・新宿・渋谷・品川といった他路線との乗り換え駅にて大量の乗客が乗ってくる。




駅間別の混雑状況

区間 外回り 内回り
東京~上野  ★★★★★  ★★★
上野~池袋  ★★★  ★★★
池袋~新宿  ★★★★  ★★★★
新宿~渋谷  ★★★★  ★★★★★
渋谷~品川  ★★★  ★★★
品川~東京  ★★★★★  ★★

星の数が多いほど乗車率が大きくて混雑が激しいことを示す。

東京のちょうど都心部を環状運転しているため、特別に空いている区間はまったくない。全線を通じて乗客数が多い。

それでも、朝ラッシュの時の混み具合のレベルには差がある。同じ山手線でもギューギュー詰めの区間もあれば、余裕が見られる駅間もある。




外回りは上野駅と東京駅で混雑

朝ラッシュの山手線

外回りの電車の場合、上野→東京と東京→品川間が激しく混雑する区間となる。いずれもピークを迎えるのは8:00~8:30の時間帯である。

中でも上野→東京間の朝ラッシュの混み具合はかなり有名だろう。宇都宮線・高崎線・常磐線という北関東方面からの路線のターミナル駅ということで、これらからの乗り換え客が殺到する。

東京駅や新橋駅へ向かう人が山手線と京浜東北線に集結することで、外回りの南行の電車は激しく混む。

かつてこの区間の乗車率は200%を超えていた。首都圏の通勤ラッシュの満員電車の象徴的な区間でもあった。

上野東京ラインが開業したことで、山手線の上野駅からの混雑は緩和された。

しかし、それでも乗客が多くて平日の朝のラッシュでは輸送力不足気味になっている。乗車率は180%くらいなのではないか。

東京→品川間もまたとても混む区間である。東京駅から新橋駅や浜松町駅へ向かう人で混雑する。さらに、渋谷方面へ向かうという人も山手線の外回り電車に乗る。

新橋駅まではかなりの混雑になる。乗車率は180%超になるくらいの感覚だろう。




内回りは新宿→渋谷がピーク

山手線でも内回りの電車は外回りほど混雑はひどくない。ダイヤの乱れなどの異常がない限り、全線に渡って超満員電車となるような区間はない。

乗車率は最大でも150%くらいになるようだ。具体的な区間は新宿→渋谷の内回り電車。

中央線・小田急・京王などからの乗り換え客が新宿駅から渋谷方面へ向かう人が山手線へ殺到する。外回り電車と同じく8:00~8:30が混雑のピークとなる。

中央線快速の朝ラッシュ

出典:www.youtube.com/watch?v=QSYQUwz24rc

なお、実際には車両によって乗車率のバラツキがある。新宿駅ホームの階段付近の車両はやはりすし詰め状態になる。

渋谷→品川もまた結構混雑する。巨大なターミナル駅である渋谷駅から東京23区の東側へ向かう人が山手線の内回りに乗る。

この区間では山手線しか走っていなく、代替手段がない。独占エリアのような特徴がある区間ということもあり、朝のラッシュになれば激しく混雑する。

おすすめ記事