川崎重工業の平均年収は700万円、賞与は4~6ヶ月分

川崎重工業

川崎重工業の平均年収は約700万円。ここ最近では、2019年度は715万円、2018年度は708万円、2017年度は707万円だった。

ボーナスは業績連動型だが、例年も4~6ヶ月分前後で推移。2013年度は5.18ヶ月分が支給された。

年収ベースでは輸送用機器メーカーではやや低い金額、特に自動車完成車メーカー各社の中では大手3社に大きく劣る。それでも、大手企業の中では比較的高いのは確か。


公式の平均年収は715万円

川崎重工業の平均年収715万円の目安(上流階級)
川崎重工業の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収詳細金額
2019年 7,154,602円
2018年 7,077,500円
2017年 7,067,086円
2016年 7,397,935円
2015年 7,434,572円
2014年 7,221,339円
2013年 7,005,787円

川崎重工業の従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2019年度では715万円という金額が出ている。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤手当/家族手当/地域手当/住居補助)などすべてが含まれている。

過去7年間ではどの年度も700~750万円の範囲で推移する。平均年収は一貫して横ばい状態が続いている。

ボーナスは年間4~6ヶ月分

川崎重工業ではボーナス年間4~6ヶ月分が支給

2013年度の川崎重工業の賞与は年間5.18ヶ月分(組合員平均)

川崎重工業のボーナスは業績連動型。その年度の業績の良し悪しで支給基準が決定。例年の相場は4~6ヶ月分ほど。

実績では、2013年度は組合員平均で年間5.18ヶ月分が支給された。上記の範囲から離脱することは基本的にはない。

社員個人の評価はほとんど加味されないが、輸送用機器メーカーの中では標準的な水準。

賞与は春・夏・秋・冬の合計4回に分けて支給される。ただ、春と秋はそれぞれ0.5ヶ月分ほどの金額で、まとまった額の支給は夏と冬。

なお、自動車関連メーカーでは、上場企業だと年間4~6ヶ月分が支給されるため、平均よりは高い基準。完成車メーカー各社に迫るほど。

2019年度実績では、自動車メーカーの賞与実績は以下の通り。

  • トヨタ自動車:6.7か月分
  • 日産自動車:5.7か月分
  • 本田技研工業:6.3か月分
  • マツダ:5.2か月分
  • SUBARU:5.6か月分
  • スズキ:5.8か月分
  • ダイハツ工業:5.7か月分
  • 三菱自動車工業:5.0か月分

川崎重工業もトヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業には劣る。しかし、マツダ、SUBARU、スズキ、ダイハツ工業などとは拮抗するほど。

他社と比較して

ボーナスが安定する製造業(自動車業界)

川崎重工業は上場企業全体と比較すると、平均年収はやや高い。

上場企業全体の平均値は約600万円。したがって、川崎重工業はこれより+100万円ほど高い。

輸送用機器メーカーでは普通

輸送用機器メーカーの主役である自動車関連会社

川崎重工業が属する輸送用機器のうち、主な自動車メーカーの平均年収(2018年度)は以下のように公表されている。

  • トヨタ自動車:8,515,525円
  • 本田技研工業:8,198,000円
  • デンソー:8,168,127円
  • 日産自動車:8,154,953円
  • いすゞ自動車:7,663,000円
  • ヤマハ発動機:7,598,026円
  • 三菱自動車工業:7,421,000円
  • スズキ:6,814,081円
  • マツダ:6,769,000円
  • 日野自動車:6,670,000円
  • SUBARU:6,632,318円

川崎重工業を上回るのは、トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、いすゞ自動車、三菱自動車工業、そしてデンソー、ヤマハ発動機。

一方でスズキ、マツダ、日野自動車、SUBARUよりは高い金額。

See Also:<早見表>自動車業界の平均年収を各社ごとに一覧化

ただし、川崎重工業の主力事業は新幹線などの鉄道車両、あるいは産業ロボットなどで、自動車産業とは特徴が大きく異なるのは確か。

年齢ごとの年収の目安

川崎重工業では「総合職」「一般職」という採用区分はない。

大卒・院卒。あるいは高専卒なら一括区分。男性、女性の比率が異なった職種の違いもない。

大卒・院卒

年収偏差値65

大卒・院卒の平均年収は事務系・技術系どちらも700万円前後になると推定。職種ごとに基本給は若干異なるものの、年収の違いには大きく影響せず、有価証券報告書に記載の金額と平均値は概ね一致。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-600万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

川崎重工業では大卒・院卒向けでも「総合職」という名称は使用していない。便宜上、今回は大卒・院卒を一律「総合職」として取り扱う。

年齢別の年収は、20代が400~600万円、30代は600~900万円、40代は700~1,200万円、50代は800~1,200万円範囲が目安。

事務系と理系限定の技術系があるが、給料体系は若干異なる。初任給は完全に理系>文系。また、最終学歴によって基本給が異なるため、学歴でも年収の差が出てくる。

※事務系:企画、管理、法務、営業、経理、財務、資材、総務、人事 ほか
※技術系:研究、開発、設計、生産技術、工作、品質保証、情報システム ほか

製造現場(高卒)

年収偏差値55
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 18-22万円 60-90万円
25-29歳 350-450万円 20-25万円 80-100万円
30-34歳 400-600万円 25-30万円 100-120万円
35-39歳 500-700万円 25-40万円 100-160万円
40-44歳 600-750万円 30-45万円 120-180万円
45-49歳 700-800万円 35-50万円 150-200万円
50-54歳 700-900万円 35-50万円 150-200万円
55-59歳 750-850万円 35-50万円 120-200万円

川崎重工業の高卒が主流の製造現場(工場勤務)の年齢別年収の目安は上記の通り。全体では550万円と推定。

20代で300~450万円、30代で450~700万円、40代で600~800万円台、50代で700~900万円が平均的な社員の年収。

世の中全体としては決して低い給料水準とは言えないものの、大卒以上の職種と比べると劣る。

もっとも、高卒を対象とした採用はかなり少ない。新卒採用でも、大量募集なのはあくまでも院卒・大卒・高専卒向けの職種のみ。

製造現場ではあらゆる仕事が外部委託へシフトしていることが影響している。


広告

初任給について

川崎重工業では、公開募集では大卒・院卒および高専卒を採用。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

川崎重工業の初任給

  • 院卒(博士了):306,450円
  • 院卒(修士了):238,500円
  • 大卒(学部卒):214,000円
  • 高専卒:192,500円

出典:マイナビ「川崎重工業(株)」-2020年度実績

ただし、入社後5年くらいを超えると勤続年数や役職、これまでの昇給幅によって年収が違ってくる。