東武東上線の帰宅ラッシュの混雑度は!? 夕方と夜も満員電車に

東武東上線の夕方と夜の帰宅ラッシュの混雑に関して、急行・準急・各駅停車ではそれぞれどの程度の乗車率になるのか。下りの小川町方面の電車となると、乗客の数は朝並みに達するのか。




同じ東武東上線でも、池袋駅発着の電車と東京メトロ副都心線・有楽町線からの直通列車の2つの系統がある。これらは和光市駅にて合流するが、利用者層は違う。

夕方以降の時間帯に当たる17時~、平日も土日も急行・準急・各駅停車とTJライナーの4種別の列車が走っている。

優等列車がすべて池袋駅始発となっている。地下鉄からの直通列車は、東武東上線内は各駅停車として運転されている。

急行 準急 各駅停車
池袋 ■■■■■ ■■■■■ ■■■■□
和光市 ■■■■■ ■■■■□ ■■■□□
ふじみ野 ■■■■■ ■■□□□ ■□□□□
川越 ■■■■□ ■□□□□ ■□□□□
坂戸 ■■■□□ ■□□□□

TJライナーは、混雑する場合でも乗車率は100%に留まる。有料座席定員制となっているため、満席になればそれ以上は物理的に乗れない。

【東武東上線】TJライナーの乗車率は何%!? 満席になることも!

急行は大混雑、 乗車率150%以上に

混雑する東武東上線の急行

帰宅ラッシュ時の下りの場合、最も混雑するのは急行である。池袋~川越間で通過駅の設定がある電車だが、長距離利用者が殺到する種別であることから、17時以降になると大混雑となる。

中でも18~19時頃に池袋駅を出発する急行では、混雑は朝ラッシュの時と同じくらいになる。乗車率は150%程度になるのではないかと考える。

ドア付近に立つとなると、つり革または手すりにつかまって体を支えるのは難しい。自分の足だけでバランスをとるしかない。

発車直前に最後に電車に乗り込む人は、ドアが閉まる際に荷物がドアに挟まることがある。それくらい夕ラッシュの時間帯に運転される急行の混雑は激しい。

一番空いているのは各駅停車である。乗車するのは北池袋~東武練馬間の各駅停車しか止まらない駅を乗り降りする人がほとんど。成増駅以北と行き来する人は準急や急行に乗る。

各停でも座れない人の方が多いことには変わりないものの、回転率が非常に高く、停車駅に止まるたびに座れる機会がやってくる。



準急は志木駅まで混雑

東武東上線で終日運転される準急は、池袋~成増間だけ通過駅がある。成増駅以北は各駅停車と同じであり、中距離利用者が多く利用する種別である。

和光市駅から北側の急行が通過する駅を乗り降りする人も準急を使う。東京都内の区間だけ急行と同じく速達列車となるため、準急も池袋駅の時点で満員電車となる。

混雑の規模は急行と大差ない。帰宅ラッシュのピークとなる18~19時頃だと、池袋駅を発車する段階の乗車率は100%は軽く超える。

準急の帰宅ラッシュ

ドア付近に立つと身体を支えるためのつり革や手すりにはつかまれないだろう。リュックを背負ったまま電車に乗るのは不可能に近い。

ただし、最初の停車駅である成増駅を過ぎると、次第に空いてくる。和光市駅では地下鉄からの乗り換え客が乗ってきて混雑するものの、朝霞駅からは降りていく一方となる。

志木駅を過ぎれば、座席に座れる機会も多くやってくる。ふじみ野駅に到着すると、立っていた人でも座れる可能性が高い。ふじみ野駅では後続の急行の接続と通過待ちを行うこともあって、まとまった乗客が一気に降りていく。

おすすめ記事