東京メトロ日比谷線の帰宅ラッシュの混雑は? 夕方・夜の混み具合

東京メトロ日比谷線の帰宅ラッシュの混雑はどれくらいの規模になるのか。ピークを迎える時間は18~20時頃の約2時間程度。他の路線と基本的には変わらないものの、車両の編成数が少ないため、混み具合は激しいと感じる。




朝ラッシュの場合、日比谷線の混雑率は150~160%程度で推移している。三ノ輪→入谷間が最混雑区間とされている。

夕方から夜にかけては、朝とは違って職場へ出勤する時間帯が特定の時間帯に集中しない。そのため、帰宅ラッシュの方はそれほど超満員電車にはならないこともある。

日比谷線の夕方の帰宅ラッシュ

ただ、終点の北千住駅まではひたすら乗客が乗ってくる一方になる。座れる機会がまったくやってこないため、朝よりも地獄と感じることもあるだろう。

茅場町から一気に劇混みに

日比谷線の北行の電車の混雑は霞ヶ関駅から始まる。この駅からはひたすら乗ってくる一方となる。そして、茅場町駅から最混雑区間に入ると考えてよい。

東西線との乗り換え駅だが、東京都心の西側から来る乗客が殺到する。この先は、秋葉原駅や上野駅でもまとまった乗客が乗ってくる。

大きな駅ということで降りていく人も一定の数はいる。しかし、降りていく人よりも乗ってくる人の方が圧倒的に多いため、混雑は増す一方になる。

途中駅で降りていく人が少ないため、座れる機会の到来はほぼ絶望的だ。夕方から夜にかけては、北千住駅までは座れないと考えてよい。



東武線直通列車はどう?

日比谷線そのものの終点は北千住駅だが、半分近くの電車はそのまま東武スカイツリーラインへ直通する。竹ノ塚駅や北越谷駅、東武動物公園駅、南栗橋駅まで乗り入れる。

東武スカイツリーラインへ乗り入れる電車と北千住駅止まりの電車の混雑の度合いの違いに関してはほとんど差が見られない。

大半の乗客が北千住駅で降りていく。東武スカイツリーラインのみならず、JR常磐線、つくばエクスプレスとの乗り換え駅ということで降りていく。

東武スカイツリーラインも使うのであれば、北千住駅にて座れる機会がやってくる。乗ってくる乗客も少なくないものの、降車客が立ち上がったところを狙えば確実に座れる。



中目黒行も霞ヶ関駅から混雑

日比谷線では北千住方面へ向かう電車の夕ラッシュの混雑の激しさが注目されるが、中目黒行も決して空いているわけではない。

日比谷線の中目黒行の混雑

帰宅ラッシュのピークを迎える18時台には、中目黒行の電車も乗車率は100%を超える。しかも、同じく終点まで座れない状態が続く。ピークの区間は同じく霞ヶ関駅から始まる。

ここからはひたすら乗ってくる一方となり、六本木駅で大量の乗客が乗ってくる。六本木→恵比寿間が最混雑区間。超満員電車になるのは避けられない。

中目黒駅では東急東横線と接続している。東横線へ乗り換える人が多いが、現在は相互直通運転を行っていない。

しかし、それでも日比谷線単体を使うのではなく、東急東横線とセットで電車に乗る人が一定の割合はいる。そのため、終点までは座れないことが多い。

仮に座れたとしても、1駅手前でJRと接続する恵比寿駅くらいだろう。

おすすめ記事