JR南武線の帰宅ラッシュの混雑度とは!? ピークはいつ?

JR南武線の夕方の帰宅ラッシュの時間帯において、ピーク時にはどのくらい混雑するのか。平日は通勤通学客が自宅に帰る頃となるため、電車の運行本数は多い。すべて各駅停車で上下線ともに4,5分間隔で運転されている。




南武線がピークを迎えるのは18:00~19:30の1時間半程度である。朝と同じく、最も混雑が激しくなるのは武蔵小杉→武蔵中原間の部分。

しかし、朝ラッシュとは違って帰りの時間帯は人によって大きなバラツキが見られる。17時すぎには職場から帰宅する人もいれば、残業などで20時以降の遅い時間帯に帰る人もいる。学生なら15~16時頃には下校する例も多い。

JR南武線の帰宅ラッシュ

とはいえ、それでも混み具合としては満員電車の状態となる。区間によっては、窮屈感を感じるところもある。

川崎市内は混雑率150%くらいか?

朝ラッシュの南武線の混雑率は190%近くに達するというのはかなり有名だ。首都圏でも有数の混み具合となっていて、混雑緩和が重大な課題として上がっている。

特に川崎市内の混雑が大きな問題となっている。東京都内の区間に当たる登戸駅より立川方面については、そこまで酷くはない。武蔵小杉駅付近の地域の混み具合が問題となっている。

夕方の帰宅ラッシュは、これよりは低いのは事実である。しかし、それでもドア付近に立つと人と人が接するかもしれないレベルには達する。

感覚的には、混雑率は150%近くになると思う。これは、電車の中で新聞が読めるか読めないかの境目に当たるレベルとされる。スマホの操作はできても、周囲の乗客には画面が見られる可能性が高いだろう。

また、リュックを背負いながら電車に乗るのは難しい。荷物が隣の人に接することが予想される。最近は乗客同士で口論になるなどのトラブルが多発しているため、リュックは降ろして乗るのがよい。

それくらい南武線の帰宅ラッシュの時間帯となる18時~19時半の混雑は激しいというわけだ。



工業団地の従業員が多く利用する

南武線の特徴として、武蔵小杉~川崎間では沿線にたくさんの工場が建ち並ぶ。京浜工業地帯として、これらの工場の従業員も通勤手段として南武線を使う人が多い。

武蔵小杉が近年は住みたい街ランキングで上位に来るように、沿線の人口増加も南武線の混雑激化の理由となっているのは確かだが、工業地帯の従業員の足ということで通勤客で混雑しているのもまた事実である。

南武線の沿線

近年は産業の空洞化が全国的に問題となり、国内の産業が衰退していけば南武線沿線の工業地帯も活気がなくなり、電車の混雑が緩和されるのではないかと思う人もいるだろう。

しかし、この京浜工業地帯は首都圏でも代表的な工業地域であるため、産業の空洞化の影響が顕著になる可能性は低い。

南武線の1列車の車両数を今の6両編成から8両編成、10両編成にするなどして輸送力を増強しない限りは、今の激しい混雑が続くだろう。

おすすめ記事